MyblogList

プロフィール

カイザキ

Author:カイザキ
性別:男
四捨五入すると30歳
 

カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

去りゆく一切は
いちいちヘコんでたら、いちにちヘコんでなきゃいけないだろ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民放のネット配信事業
TBS、日テレ、フジテレビ、テレ朝、テレ東の5社が共同で情報配信会社を設立し、ポータルサイト向けの情報配信事業を開始するようです。電通も一枚かんでるのかな。情報配信のノウハウはインデックス社と一緒にやるみたいですね。
 
<ネット新会社>民放5局と電通が設立 来春から番組配信
〔Yahoo!ニュース ― 毎日新聞〕
 
 
「通信と放送の融合」も「護送船団式」にやるつもりなんですかね。すごいな。やっぱり主導権を奪われるのが恐いんでしょうね。
 
放送局がポータルサイト向けのコンテンツを作るんじゃなくて、ポータルサイトそのものを作っちゃえばいいのにね。
 
スポンサーサイト
時代と自分の距離。

坂本 「現場に対する時間の遅れ方ってあるじゃない? 例えばカメラマンは現場にいる――リアルタイムでさ。小説家は現場に五年後に行くっていう話を前にしてたよね。」
 
村上 「うんうん。」
 
坂本 「時代という現場と自分と、それから自分が生む作品。この三つの関係の取り方で、小説家や画家は現場に行かなくてもいいわけだからさ。僕たちのような日本の音楽家というのはさ、カメラマン的なわけじゃない。いつも自分で顔を出しててさ。」
 
村上 「ライヴ・パファーマンスやる音楽家っていうのはカメラマン以上だよね。」
 
坂本 「時代そのものだからね。兵士なわけよ。僕は、昔、自分は音楽という戦場の兵士だというよな比喩を使ってたんだけども、もうそろそろ飽きてきた(笑)。自分のうちで、三ヵ月ぐらいかかって一曲書くとか、そういうことのほうが未来に手が届くっていう気がする。」


村上龍 坂本龍一 『EV.Cafe 超進化論』 講談社文庫
 
 
この本には何かとお世話になりまして。。
 
昔、本ってぜんぜん読まなかったんです。もうほんとに全然。
小、中、高合わせて、10冊読んでないんじゃないかな(苦笑)
 
で、まあ、大学の時にこの本と出会いまして、
ここから興味のあるジャンルに拡げていったりして、
あれやこれやと本を読むきっかけになったんです。
 
 
時代と自分と、自分のお仕事。未来への距離……。秋の夜長(もう冬?)にいろいろ考えると面白いですよ。
 

そろそろ年始の準備を
たまたま立ち寄ったひかる姉さんの部屋
 
テレビ収録はもう、年末年始の特番を撮っているそうで、、、
 
まだ12月にもなっていないというのに、
 
季節感出すのが大変やね。
 
テレビの気味悪さ
「ニュース」という名の「宣伝」なんてのは、どの局でも普通にやっていることですが、殊に「スポーツニュース」となるとこの度合いが更に高まって、もう、番組の半分は宣伝で出来ているのではないかと思ったりするわけです。
 
事の重大さや、世間の関心度は二の次にして、自分たちが放映権を持っている興行の話題をバンバン振りまくわけですが、まあ、これくらいなら別に気にする必要もないと思うんです。
 
ただ、その興行に偏執気味なところがあると、「宣伝」である「ニュース」もそれにつられて偏向してきますから、こうなると、ある種の不気味さを帯びてくるんですね。
 
いまや、内容の偏りなんてインターネットのそれに関連する掲示板を見ればすぐに分かっちゃうのに、あちらさんだってそれを知っているはずなのに、頑として偏った情報を流し続ける。
 
なんか気持悪いよね、こういうの。
 
テレビってほんと気持悪いなーって、思う機会が増えましたね、最近…。
 
ほんまにええ話やで

アマゾンの森が燃えていました。
森に住む動物たちは、われ先にと逃げていきました。
けれども、クリキンディ(金の鳥)という名のハチドリだけは、いったりきたり。小さな口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは、火の上に落としていきます。
 
それを見た大きな動物たちは、「そんなことをしていったい何になる」とクリキンディを笑います。
 
クリキンディはこう答えました。
 
「私は、私にできることをしているだけ」


ま、坂本龍一さんトコのパクリなんですけど、本当にいい話ですね。
 
〔ナマケモノ倶楽部〕はこちらからどうぞ
 
インフルエンザが流行れば…
ラムズフェルド国防長官はギリアド・サイエンシズ社の株を所有しており、そのギリアド・サイエンシズ社は「タミフル」というインフルエンザ治療薬の特許を所有している。
 
鳥インフルエンザの流行が危惧されている昨今、人への感染例も報告されているそんな状況で、
 
 
インフルエンザが流行る
  ↓
ギリアド社の株価が上がる
  ↓
ラムズフェルドさん (゚д゚)ウマー
 
 
という図式が出来上がっているのだそうです。
ほんとにかの国は、危機をチャンスに変える術に長けていますね。
 
ラムズフェルド、鳥インフルエンザで大儲け
〔暗いニュースリンク〕
 
クラブで朝帰り!?
アヤパンがホリエモンと遊んだんだって。
 
藤田社長も一緒にクラブで盛り上がったんだって。
 
 
 
 
ん?
 
 
 
 
クラブ??
 
 
 
 
ひょっとして、
 
 
 
 
この話題とリンクしてるのかな。
 
 
テレビに映っている人達の観方

桜井 「今、メディアが二重構造になってる。たとえばSMAPがいて、ただアイドルとしてカッコいいことばかりやっていたら、観てる人はもうテレビの裏側を観るようになってて「こんなの、普段カッコいいわけないじゃん」と思うんですけど、SMAPの普段の普通の人っぽいところを見せられると、「ああ、この普通の人がこれをやってるんだ。だったら認めよう」みたいなところがあるじゃないですか ――」

 
奥田民生 『FISH OR DIE』 角川文庫
(文頭の桜井は、ミスチルの桜井和寿さん。)
 
テレビに映っている姿を、額面通りに受け取っちゃいけませんよね。
見てる人も、出てる人も、ほんとはみんな分かってるのに、それでもやらなきゃいけない時だってありますわな、そりゃ。
 
フランスの暴動を扇動したブロガーが逮捕
フランスでの暴動が連日報道されていますが、
 
フランス検察は、暴動を鎮圧するための措置として、
 
いくつかのブログを閉鎖し、複数のブロガーを逮捕したそうです。
 
仏検察、暴動を扇動した疑いでブロガー数人を逮捕
〔Hotwired Japan〕
 
書き込み
「僕の思念、僕の思想、そんなものはありえないんだ。言葉によって表現されたものは、もうすでに、厳密には僕のものじゃない。僕はその瞬間に、他人とその思想を共有しているんだからね」
 
「では、表現以前の君だけが君のものというわけだね」
 
「それが堕落した世間で言う例の個性というやつだ。ここまで言えばわかるだろう。つまり個性というものは決して存在しないんだ」
 
 
三島由紀夫 「旅の墓碑銘」
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。