MyblogList

プロフィール

カイザキ

Author:カイザキ
性別:男
四捨五入すると30歳
 

カレンダー

11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

去りゆく一切は
いちいちヘコんでたら、いちにちヘコんでなきゃいけないだろ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COURRiER Japon
12月1日に第2号が出た『COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン)』。
目次の編集長前記によると、創刊号は反響が大きく非常に好調だったとのこと。
今日はこの『クーリエ・ジャポン』について一言、二言書いてみましょう。
 
 
『クーリエ・ジャポン』とは、フランスで15年の歴史を持つクオリティ・マガジン『Courrier INTERNATIONAL (クーリエ・アンテルナショナル)』を範にとったニュース誌で、「海外1000メディアから発信されるニュースを厳選」してお届けすることを売りとしている。あらゆる国から発せられたニュースをまとめて読むことで、世界の多様性を学ぼうというわけだ。
 
創刊号によると先輩『クーリエ・アンテルナショナル』は、「フランス語圏の知的エリートから絶大な支持を受けており、読者層の80%が管理職、またはエグゼクティブ」なのだそうだ。
この雑誌はとっても知的なんですよー、という雰囲気を全面に押し出しているように見える。
 
ただ、後輩『クーリエ・ジャポン』の方はそんなにエグゼクティブ!という感じではなく、私が読んだ印象では、学生さんでも充分ついていける内容になっていると思う。公式ブログによると、編集長の古賀義章氏の前職は「週間現代」や「フライデー」の編集だったそうで、まあ、これが『クーリエ・ジャポン』のエグゼクティブ感を若干薄めてるのかな、という気がしないでもない。。
 
まあ、それはさておき、世界のニュースを様々な視点からまとめ読みするというのは、なかなか面白いもので、これで480円ならそんなに痛くないかなと。しばらく買い続けてみようかなと思っているわけです。
このブログでネタに困ったとき、参考になりますからね(苦笑)
 
第3号の発売は12月15日木曜日となっております。
 
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。