MyblogList

プロフィール

カイザキ

Author:カイザキ
性別:男
四捨五入すると30歳
 

カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

去りゆく一切は
いちいちヘコんでたら、いちにちヘコんでなきゃいけないだろ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セミ来襲
部屋に蝉が入ってくるという大事件が勃発。
 
6畳の部屋で見る蝉は意外とデカいです。。
 

スポンサーサイト
メモ

新しい用語が次々に生まれるのは必然なのでしょうが、その概念が一般的に定着する前に、次の用語が現れます。また、定着しない場合もありますし、わかっているつもりになっている言葉もあるのではないかと思います。
 やっかいなのは、定着していない新しい用語を使って現状を説明されてしまうことです。
 
村上龍 『だまされないために、私は経済を学んだ』 NHK出版 2002


結局のところ、「web2.0によってよりダイナミックに…」などと言われても、
まだまだよくわからんことがたくさんあるんですよねー。
 
ほんとの亀田とテレビの亀田
あらあら、NHKまで「判定に疑問の声」って報じてるよ。
ボクシングの判定がホームに有利に働くなんて、
今にはじまったことじゃないでしょう。
何を今更?って感じ。
 
なんか、亀田君が気の毒に思えて仕方がない今日この頃。
 
某スポーツライターによると、
普段の(カメラが回っていないときの)亀田君は、
とても礼儀正しい青年だそうで。
 
私が実際に見て話したわけではないのでなんとも言えないが、
もし、それが正しければ、一連の発言やパフォーマンスは、
言うなれば“ テレビ用 ”っていうことですな。
誰かが入れ知恵をしてるってことです。
 
自分がピエロになってるって事は本人が一番わかってると思う。
 
このシナリオ、誰が作ってるんだろう。。
 
19才の若者に、
日本プロボクシング界の期待を一身に背負わせるような演出をし、
“ テレビ用 ”亀田興毅を演じさせている「誰か」。
 
その「誰か」のことを思うと腹がたって仕方がない。
 
絶対にいるはずだ。裏でほくそ笑んでいる「誰か」が。
 
二段モーションどこへやら
で、結局二段モーション禁止騒動って何だったのよ、
っていうくらい、
微妙な投げ方をする投手が増えてきましたね。
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。