MyblogList

プロフィール

カイザキ

Author:カイザキ
性別:男
四捨五入すると30歳
 

カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

去りゆく一切は
いちいちヘコんでたら、いちにちヘコんでなきゃいけないだろ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異常な状態から正常へ
「異常」が「異常」でなくなれば「正常」になる。
あたり前の話だ。
しかし、正常になることを望んでいる人は案外少ない。
皆、異常のまま何とか取り繕うとしている。
だから行き詰まるのだ。
 
 
 大学の頃、「景気はどうしたら回復するのか」という講演だか、セミナーだかで聴いたお話、のうろ覚え。誰のお言葉だか覚えていないのが残念。
 
スポンサーサイト
スズメバチの想い出
なんたって田舎ですから、中学校の校庭の向こうに雑木林があったんです。
 
んで、確か中2の時だったかな、その雑木林にスズメバチが巣を作りまして、
授業中にブーンと飛んでくるわけです。教室の中に入ってくるんですね。
先生も生徒も大パニックになって、ワーワーキャーキャーの阿鼻叫喚状態に。。
 
そしたら突然、普段は大人しい益田君(仮名)が、持っていた下敷きを
卓球のスマッシュの要領で振り抜きまして、一撃必殺。見事にスズメバチを退治したのです。
 
それ以来、益田君(仮名)は、
 
「ハニーハンター」
 
のニックネームを頂戴して、しばらくクラスのヒーローとなったのですが、
いま思うと、スズメバチってハニー Honey ではないような気がするのですが、
当時のガキンチョどもにそんな理屈は通用しなかったのです。

ボットン便所の想い出
思い出した。。

亡くなった祖父母がむかし住んでいた家のお手洗いが、ボットン便所だったんです。
 
で、お正月とかに遊びに行くわけですが、当時幼稚園から小学校の低学年だった私は、ボットン便所が恐いんですね。とにかく恐いの。穴がデカくて、暗くて、深そうで。
 
きっと今見たらそんなに大きくないんでしょうけど、当時はそれがとにかく大きく感じられて、またがることさえ恐いのに、腰をかがめるなんてとんでもないわけです。少しでも気をゆるめたら落ちるんじゃないかという恐怖心があった。
 
母は、帰りに車の中でトイレに行きたくなったら困るから、ここで済ませちゃいなさいと言うんですが、出ないんです、どうしても。便意があっても出ない。出せないんですね。下品な話で恐縮ですが、あの暗ーーい穴にまたがると肛門に力が入ってしまい、用がたせないのです。生きた心地がしませんでした。
 
それで、案の定、帰りに車の中で行きたくなって、トイレ、トイレと騒いでは親を困らせたりしました。
今となってはよき想い出です。
 
もう一度あのじいちゃんばあちゃん家のボットン便所を見て、大きさや形を確認してみたいものですが、いまは、その家自体が無くなってしまったので、その姿を知る術はありません。
 
これで種付けも安心!?
自分のブログの内容に合った広告を自動抽出してくれるというアメブロのマイクロアド広告ですが、
最近、私のブログで出現頻度の高い広告は、
 
 
[EDネットクリニック]
 
 
う~ん。。。一体、どんな単語に反応しているのだろう。
 
種付け?
 
映画鑑賞
「ユナイテッド93」を見るつもりが、急遽、「マイアミ・バイス」へ変更。
 
オススメというほどのモノではありませんでしたが、充分楽しめました。
 
コン・リー Gong Li が素敵です。
 
実感覚。
うおー。我ながら胡散臭い文章を書いたもんです。
 
なんていうんですかね、
情報として知っているのと、実感として知っているのとでは、
全然違いますね。
 
結局は、実感できてなんぼ、だと思います。
 
そういう意味では、僕は何も知らない。
ほんとに何も知らないと思いますね。
それは間違いないと思います。その通りです、はい。
 
情報の偏りについてひとこと

辺見 「ぼくは中心概念というものを無意識に持っていたわけです。中心とは、たとえば東京だったり、ニューヨークだったり、ワシントンDCだったり、ロンドンだったりしたわけですね。しかし、飢えて死んでいく子供たちを見て、中心概念は全部崩れました。餓死したって新聞に一行だって記事がでるわけじゃない。お墓がつくられるわけでもない。世界から祝福もされずに生まれて、世界から少しも悼まれもせず、注意も向けられず餓死していく子供がたくさんいます。ただ餓死するために生まれてくるような子供が、です。間近でそれをみたとき、世界の中心ってここにあるんだな、とはじめて思いました。これは感傷ではありません。」
 
辺見庸・坂本龍一 『反定義――新たな想像力へ』 朝日新聞社 2002


こういうのは思いついた時にササッと書いてしまわないと、そのうち書く気がなくなってしまうで今のうちに。。
 
たとえば極端な話、アメリカや東京で100人餓死したら大騒ぎですが、アフガンで100人餓死しても、そんなもん誰も知らんのです。マスメディアの多くはそれを伝えないからです。
 
私達が手にする情報はいつも偏ってきました。
 
豊かな国と、そうでない国とでは扱い方が違うから、知らないうちに命の重さに値段がつけられているのです。この命は重要、この命はそうでもない、といった具合に。
 
僕らはふだん何気なく情報を受け取っていますが、発信元はAという情報を知らせることでBという情報を知らせない、「知らせることで知らせない」という行為を平然と行ってきました。
 
日本でもアメリカでもアフガニスタンでも命の重さは同じ「=(イコール)」のはずなのに、知らず知らずのうちにこの等符号は崩れがちです。生命価値の極端な差別化がマスメディアを通じて進行しているからです。
 
価値観は本当に簡単に揺らいでしまいます。とてもとても恐いことです。
 
 
ってなことが、上述した『反定義――新たな想像力へ』でもっと詳しく、もっと含蓄ある言葉で語られています。気が向いた方はどうぞ。多分、図書館とかにも置いてあると思いますよ。
 
アフガニスタンのこと。情報のこと。
アメーバブログで「アフガニスタン便り」というブログを発見。
 
アメブロには「読者登録」という機能があるので、さっそく私のもう一つのブログを通じて読者登録をする。
これで楽しみがまたひとつ増えました。やっぱりブログは面白い!
 
日本では、その後のイラクや、昨今のイスラエルだかレバノンだかで、影の薄くなりつつあるアフガニスタンですが、かの国についてひとこと、ふたこと。
 
私は「アフガン戦争」という言葉を知っている。
まぁ、正確には聞いたことがあるという程度だが、
知っているのは、そこにイギリスが関わっていたからです。
 
また、私は「ソ連のアフガン侵攻」という言葉を知っていますが、
知っているのは、そこにソ連が関わっていたからです。
 
そして私は9.11後に起きた「アメリカのアフガン侵攻」を知っています。
いうまでもなく、そこにはアメリカが関わっていました。
 
私が「アフガニスタン」という言葉を目にするとき、そこには必ず大国が絡んでいました。
 
ですから、私はその間の期間、たとえば「ソ連のアフガン侵攻」後から9.11のテロが起こるまでのアフガニスタンのことを一切知りません。知りませんでした。
タリバンなど聞いたこともありませんでしたし、92年頃から激化したというムジャヒディンの内戦や干ばつのことなど露ほどにも知りませんでした。中東のどこぞの国で仏教遺産が爆破されたというニュースをちらっと見た程度です。
 
悲しいことですが、9.11のテロがおこって、つまりアメリカが巻き込まれて(アメリカが巻き込んだのか?)、ようやくアフガニスタンにスポットライトが当たりました。9.11のテロなかったら、今も私はアフガニスタンを知らなかったはずです。
 
自分の知る情報にはいつも偏りがありました。世の中には私が知らないこと、テレビや新聞では容易に伝わらないことがいっぱいあるんだということを、あらためて痛感したわけです。
 
もっと視野を広げなくてはいけませんね。。
 
ブルーバックエラー
やられたーーーーーーー!!
 
久しぶりに、
上書き保存前のブルーバックエラーをくらっちゃいました。
 
戻れないし、上書き保存できないし。
 
はいはい。おかげさまで、スウィンフォードの記事を2度書くことになりましたよ。
 
はぁ~、やられた。
 
ってゆーかさ、Windowsのヘルプってさ。絶対役に立たないですよね。
自分の知りたいことに限ってヘルプは教えてくれないですよね。
 
などと、ヘルプに八つ当たりしてどうなるものでもなし。。
 
夕張市を憂える
北海道夕張市が財政破綻した。
 
一方で、東京と福岡はオリンピックの招致合戦をし、
東京に軍配があがった。
オリンピックをやるお金などどこにあるのだろう。
 
もちろん、市区町村と都道府県は違うわけですが、
なんていうか、
やっぱりお金があるところにはお金があるし、
ないところにはないんだな、と思ってみたり。
 
「日本は」なんて主語を使うと何も見えなくなる気がする。
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。